マットレスの硬さと腰痛の関係

トップページ > マットレスの硬さと腰痛の関係

マットレスの硬さと腰痛の関係

 

一日活動して疲れた体をふかふかのベッドに横たえた時の気持ちよさは言葉にできません。
体が沈み込むほどの柔らかい寝具にもぐりこんだ瞬間は優しく包み込まれて天国のような心地よさを味わうことができます。

 

体が沈み込むほどの柔らかい寝具のイメージ画像

 

睡眠中の寝返りについて説明する女性

人間は通常、一日のうちの3分の一から4分の一ほどの時間をベッドなどの寝具の中で過ごします

 

これはとても長い時間にあたり、その時間を過ごすときの環境が眠りの質に与える影響はとても大きいといわれています。

 

また、睡眠中に何度も寝返りを打つのが通常です。

 

同じ体勢で眠り続けていると体の一部だけに圧力が加わるため、寝返りを打ってその圧力を自然に分散することはとても重要です。

睡眠中の体勢のイメージ画像

 

マットレスの硬さと腰痛の関係を説明する整体師

仰向けの状態で眠るときには背中や腰からおしりにかけて、そして横向きになったときには肩そして腰部からお尻のワキの部分にかけてが圧迫される形となります。

 

この部分がどの程度マットレスに沈み込むかによって寝心地のよさや安眠の具合に差が出る事となり、合わない寝具は腰痛などの原因になることも考えられます。

 

特にマットレスの硬さは腰痛に深く関係してきます。

柔らかいマットレスは気持ちよく眠れるような感じがしますが、リラックスして眠るためには方やお尻などがマットレスの硬さによって適度に支えられることが大切です。

 

そして人間の背骨の自然なカーブを保つことができるような理想的な状態をキープできる程度の硬さが求められます。

 

背骨は立って生活する人間にとっては重い頭を支え、全身のバランスをとるために自然なカーブを描いているものです。

 

背骨は自然なカーブを描いている

 

立った状態と横になった状態では背骨の形も異なりますが、大切なのは体を横たえて眠るときに自然に体の力を抜けるということです。

 

日中は姿勢を支えるために活動し続けている筋肉を休ませ、翌朝に心地よく目覚めるためには、硬すぎず柔らかすぎず、どんな姿勢で眠っても背骨の状態を自然な形にキープできるような機能を持った寝具を選ぶことが、質の良い睡眠を確保するためには大切になります。